美容師の正解とは?

2017/10/17 ブログ
美容師によっては上手とか下手とか 気にする人がいます   よく後輩からも言われるんです 僕よりも私よりも 先輩にやってもらった方が 絶対上手に切ってもらえるから 他の人の指名のお客様に入るの嫌なんです… 先輩がいるときにくればいいのに…   みたいな   確かに経験値が豊かなベテラン技術者の方が うまく切ってもらえる可能性は高いです でもそうじゃないと思うんです   僕が言いたいのは どんなお客様にも、向き合う以上は全力で接すること それができないなら、お客様のカットをしてはいけない そう思っています だから入客したくない!ではなく チャンスだと思ってほしいと思うんです   自分ができる最高の技術を提供しようと思うこと それが大事なんです   上手とか下手とかはお客様が決めることです   僕のような店長クラスの技術者よりも デビューしたての技術者の方がいいわ!というお客様もいます   美容師の正解は「お客様」の価値観の問題なんです   だからどんなに下手な美容師でも お客様が気に入ってくれたら それが正解になってしまうのが美容師だと思います  
  • お客様に幸せになってもらう
  • お客様に喜んでもらう
  • お客様に満足してもらう
  その気持ちを絶対に忘れてはいけません   そして 自分なんて、、、と弱気になってもいけません そんな弱気な美容師に自分だったらやってほしいと思いますか? しっかりとプロ意識を持ち   世界で自分は1番の美容師です!   という気持ちでお客様と向き合ってください   そして僕のお客様に言いたいのは 日本の美容師は 間違いなく世界最高峰の美容師です   その中でも、自信が僕にはあります 日々の技術向上の努力があってこそなのです。   カット料金が高いか安いかは価値観の問題ではありますが 損のないカットを心がけています 価値以上のカット技術を ご提供できるように頑張りますので 今後ともよろしくお願い致します   美容師としての正解はお客様が決めるものです その為にも僕は   己と闘っているのです(笑)   新しい美容師への挑戦 今後ともよろしくお願い致します  

己と闘う美容師YOSHIAKI