美容師が教える自分との闘い方100

【嫌いな人にこそくらいつけ!】100-3

美容師が教える自分との闘い方100-3


 嫌いな人にこそくらいつけ!

 

自分と闘う(成長)させる上で

自分が嫌いだと思っている人と、

どう向き合うかが、

ものすごく自分を成長させてくれます。

 

反面教師という言葉がありますが

自分が「正しい」と思わないことでも

そこから学ぶことは多いものです

 

例えばそれが悪いことだったとしても

その悪いことを自分に教えてくれる人なのです

 

嫌いな人って

自分と合わないからという理由から

嫌いだって思うわけですが

言い方を変えれば

自分にないものを持っている人です

そこに善悪の判断があるとするならば

 

「人の振り見て我が振り直せ」です

自分が良いと思う道を進めばいいのだと思います

 

 

そして、嫌いな人から

逃げないことです

 

人は苦手だな、嫌だなと思った人からは

逃げる傾向があります

 

もちろん関わり合いになりたくないのが普通です

でも、そこに自分が足りないもの、

生きていく為に必要な「感情」が

たくさん隠れています

 

宝物の宝庫だと思ってもいいくらいです

 

その「感情」に出会う為にも

嫌いな人にくらいつけ!

です

 

そして僕はその嫌いな人にも認めてもらう

というのをいつも目標にしています

 

なんといいますか

 

僕は負けず嫌いなんですね

勝ち負けではありませんが

自分が嫌いだなって思った人に

負けたくないんです(笑)

 

認めさせたら僕の勝ちだなって

勝手に思っています

 

それは悪意を持って意地悪するとか

そういうことじゃないですよ?

 

仕事だったら仕事で見返してやるとか…

 

逆に嫌なことをされたら、

その人に対して

数倍の自分が思う良いことをする

そして

面倒くさいやつだなと思われようが

煙たく思われようが

相反することで対抗するということです

 

絶対に自分を成長させるヒントがそこにはあります

 

逃げていては逃げグセがつきます

 

そして、その人に

負かされたことになります

僕は悔しいと思ってしまうのです

 

だって、自分が苦手だな嫌いだなって人から

遠ざかろうとするって、

きっとそういう人は

 

 

自分からも

 

 

逃げて

逃げて

逃げて

 

結局なにも解決しないまま

自分の都合のいいように生きている

だけだと思うからです

 

だから僕は

どんなに

罵声を浴びさせられようが

傷つけられようが

 

逃げないようにしています

 

立ち向かう

来るならこい!

その気持ちでのぞむようにしています

 

みんながみんな僕のように

どうにかしてやる!って

気持ちにはなれないかもしれませんが

 

心の片隅に入れておいてください

嫌いな人は

きっと自分の中にいる嫌いな自分の写し鏡です

 

あんな風にはならない!

そういう強い意志を持ち、

相手が嫌がるほどくらいついてください

 

きっと何かを吸収して強くなれると思います!

 

いつかその人が自分の味方になってくれる日がくるかもしれませんよ?

昨日の敵は今日の友

 

そんな仲間が作れますように!

 

 

 

 

 

 

 

最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply